スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

潮流れの早いところで

7/6、四国での初釣行
前日よりだんご作り
香川県の釣具屋は5、6件あたってみたが、どこも割高
オキアミ1ブロック大分では300円が、600~700円する
うどんは200円なんに…
しかし、久しぶりの釣行で、新天地、嬉しくてしょうがない
行きしに中林釣具店に寄る
開店が6時というお店が多い中で、4時半はありがたい
今回オキアミは事前に用意したが、次回から利用できそうだ
そして、お邪魔したのは、香川県三豊市詫間須田詫間湾三野津湾、船頭は富山さん0875-83-2485
須田東の須田港より出発、乗り場は始めての場合少しわかりづらいが、港を正面に右てに桟橋がある、そこ
左ての乗り場(港には待合室もある)の方が立派すぎて目立っている
この日は私の他に3組のお客さんがいた
1組は詫間湾沖のカセ、1組は詫間湾の筏、そしてもう1組は私と一緒に三野津湾のカセにのった
三野津湾へは津田港から30分かかるので、料金も4,000円詫間湾の3,000円比べ高い
2人では3,500円で、ようは1,000円のガソリン代がかかるわけ
あと、詫間湾との違いは最終が15時半詫間湾は16時となっている
これも、30分の渡船時間と事故防止のためとのこと
納竿は早いが、出発が5時半と早いのが嬉しい
ちなみに、4月25日~10月までの営業とのこと
電話で情報を仕入れた時、渡船代は高いが釣果が期待できるとのことで、三野津湾のカセにした
カセといっても牡蠣棚に船をつけるのではなく、最初からアンカーで固定しているやつ
なんで、揺れも比較的少ない
牡蠣棚の左右にカセがあって、陸を正面に左側のカセにのった
私と同行した方は反対側の右側のカセに
カセにはトイレ、トイレの中にはタモ・スカリが2組準備されている。なんとも親切

三野津湾(須田)カセのトイレ

さらにテントまでついてて、雨、日照りを回避できる、贅沢なカセだ

三野津湾(津田)のカセ

まっ、それに気づいたのは納竿30分前だが…

湾やカセ、筏に関係なく、水深は6~8m前後当たり前だが手返しは早くなる
っと、同時にカセ上でもなるべく静かにしないといけない
これまで、ボチャボチャとだんごを放り込んできたが、始めて柄杓って必要なんだと感じた
でも持ってないけん、そぉーと入れるまっ、その前に椅子倒してガシャガシャ言わせたんやけどね
潮は午前中左に、午後は右へと流れた
これまで経験したことない潮の速さ大潮の次の中潮1日目やったけん、それも拍車をかけてる
っというよりも、早潮は良くないと思っていたので、そういう釣り場を避けていた
イメージではだんごが流され集魚できないと思っていたのと、刺し餌も流されたり浮き上がってしまう、アタリが取りづらいと考えていただけん、船頭さんができるだけオモリはうたんか軽めでと言っている意味がわからんかった
そして、あとあと、船頭さんと話しながら反省するのだが、左側に牡蠣棚があるので午前中の食い気は抜群のはずだった
なんに、釣り方が全くわからない俺は(1人で行ってるから当たり前だが)1人で「どうすればえーんや」とブツブツ言いながら、ガン玉をつけたり、「やっぱ年配の方の言うことは聞いとくもんや」っとガン玉を外したりしよった
潮の流れが速いところでは間違えたやり方だが、とにかく、だんご周囲で刺し餌を留めておき、かつ底を維持すること考えた
雨が降ってはカンカンに晴れ、また雨が降るのを繰り返す天気。
遠くの方ではパシャパシャ雨音じゃねぇ
一緒に同行したおっさんがあげとる結果、16枚とのこと
完敗ぶぁい

7/6、三野津湾(津田)釣果

場所かいや、今回はスキルと知識の無さを実感
悔しい絶対リベンジしたる
帰った後、次の日からちぬ倶楽部を読みあさった
そして、対策を考えたずぇ

まずは、だんごの比重を大きくしてみる
比重が大きいとすぐ底に落ちてしまい、魚の目を惹くことが出来ないが、流れには対応でき、思うポイントで集魚することが出来る
そして、ラインは細いとがええ
とにかく、中層の抵抗をなくしてあげる。ただ、年無しがかかった時不安だが、まずは釣ることを考える
さらに、潮の流れる方向と牡蠣棚やポイントとなる場所の把握する
この時は牡蠣棚のことを全く考えてなかった。牡蠣棚に居着いているおチヌ様を引き寄せることを考えてダンゴを落としてみる
っで、いろいろ考えよって、最も重要で難しいと思ったのが、ガン玉の重さ
早潮ではラインに引っ張られガン玉が浮くのではと考えていたので、ホントに浮くのか実験した風呂場でガン玉を沈めて手でお湯をかき潮の流れを作ってみた浮かんわジンタン8号でもということはオモリをうっていれば底にはオモリがついているんだ
あとは潮の流れに流されるか流されないか程よい流れるか流ない程度の重さで潮の流れに引っ張らすにはどうすればよいか。潮が止まっている時にガン玉をつけてない穂先の曲がり具合、2Bのガン玉をつけた穂先の曲り具合、5Bのガン玉をつけた穂先の曲り具合を覚え、実際に潮が流れた時にガン玉なしで穂先がどの曲り具合になっているかを見てガン玉を選ぶと潮の流れに負けない最低限のオモリの重さを示すらしい
しかし、釣り始めが潮止まりであればいいが、でないと潮止まりまで適切なオモリを選べないまま過ごしてしまうこれはもったいないここからは独自の考えだが、ダンゴ割れした後のラインの出具合で判断してみてはどうか。オモリが軽ければラインはよく出るだろうし、重ければで出ない。しかし、全く出ないことはない。中層の流れによるラインにかかる抵抗があるからだ。ただラインの出具合に抵抗を感じる部分が出てくるはずだと信じたい
まだありますよ。だんごにアンコを積める
ホントはシラサエビがいいらしいが、金銭面を考えオキアミ、コマセ、サナギ、コーンなんかで試してみる。
このまま釣行に出る回数が増えるようならシラサエビに手をつけてみようかなググってみたけど、シラサエビは飼えるらしいので、飼ってみよっかなそうなると飼育費が高くつきそうやし…
ダンゴを落とした後は、流しては止めるを繰り返す
多少、潮流れより遅く流すことがミソらしい




ブログランキングに参加してます
もしよければ、下のバナーを「ポチッ」とな




にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



欲を出して拍手なんかも頂けたりしちゃいます
「Facebook」もしてます
スポンサーサイト
2012-07-08(Sun)
 

四国から九州!、そして四国!!

3/24、7年住んだ町と別れ地元香川に戻った
地元を離れてからは11年になる
近所に大型イオンモールもできて、
随分街並みが変わったなぁ
(決別で涙し、故郷では切なさい気持ちに…
3/26、2週間前に買ったばかりのHIACEを飛ばし

四国から九州

フェリーに乗って

1332685954556.jpg

はい大分に来ちゃいました

1332687347177.jpg

釣り場は、ほぼHOMEになってきた蒲江西浦湾・海月丸
釣り仲間が最後にと考えてくれた釣行ありがたい限りです

可愛い子猫ちゃん達も「一緒に遊びたい」と来てくれました
その右端に写っとるのは…。えらいしっかり写っとるな

先生とひなた、ひまり

あんまこげんこと言いたくないけど、多分やで多分、地縛霊
ボラが好きすぎて蒲江から離れられんのやろーな

筏に上がってからはこんなに立派な関アジが
何匹も釣れました
ブリブリしとるがな

ひなたと関アジ

お土産も沢山できまして、
ホントに最後の別れを惜しみ一路四国へ
ちなみに、フェリー代+高速代≒28,000円、
っでガソリン代…
28,000円+ガソリン代=魚達
違うでしょうよ思い出はプライスレス




ブログランキングに参加してます
もしよければ、下のバナーを「ポチッ」とな




にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



欲を出して拍手なんかも頂けたりしちゃいます
「Facebook」もしてます
2012-07-07(Sat)
 

第1回チヌダービー☆

UPが遅くなりまして
当初2/13に釣り仲間全員集合…はずでしたが
やっぱ酒の席で約束を交わすものじゃないですな

詳細は想像にお任せしまして

2/20に変更になりました
おかげで2/13はロクマル釣り上げましたけど
20日になったらなったで、師匠が仕事の都合で行けなくなったりして
「誰かH山通運に入ってあげて下さいそして、師匠を釣りに行かしてあげて下さい
でも、みんな「じゃあ別の日にッ」…なぁんてことには、ならない、ならない
だって、釣りに行きたいんだもん
そんなわけで、師匠を除き、あたしは後輩を連れて人数的に補充をし
「いつもお世話になっとります大分県蒲江西浦湾海月丸にお邪魔

おおかた全員あつまっとるので、チヌダービーをしようということにしまして
1人2000円徴収、1000円賞金、もう1000円はトロフィーなんぞ買っちゃおうって盛り上がり
今回は長さ1本勝負、要はでかいとが優勝って

この日は大潮(新月)、5時が満潮、11時が干潮
気温は最高10℃、最低-1℃、水温は…11~12℃

今日の水温

天気も申し分ない、風は北西→北東の2~3m
さぁ、気持ちよく出航今日はどんなドラマが待ってるのやら

出航
筏組

出航
カセ組

場所はみんなお好みのところを選ぶことに
米さん、国武さん、やっさんは湾の入口に近い筏
俺と後輩はカセ丁度湾の入口に近い筏と湾の奥の筏の間くらいに
そして、先生は湾の奥の筏

「あたしはなんていったって先週ロクマルを釣っとりますからね
…なんて余裕綽々で釣り経験のない後輩のダンゴを作ったり、仕掛けの準備をしたり
「下げ3かぁ、まだ1時間もあるじゃないか
なんて思いながら後輩の粗方の準備が出来たあとに自分の準備をする
ダンゴを落とせば500のビアーをプッシャアと開ける

………
底にアタリがありません底から1~2尋ですかな、鯵さんがおられますが
美味しいけど、鯵じゃないんだな

………さらに1時間2時間と経過
「ディディディディンディン…(DANGER ZONE)」と俺の着メロがなる
米さんからだ
米さん「どうかそっちは?」俺「いや鯵が何枚か…どうですか?」米さん「全くばい昼から期待しよう」

………っといって気づけば14時………

時は多少さかのぼり
11時半に時計を見たそん時穂先にアタリがしかし、待てど暮らせど釣れるのは鯵かタナゴ
そんなこんなで「くるかも」って待ってた俺は昼飯をすっかりすっぽぬかし

「プルルルル、プルルルル…」先生にかけるが出やせん
5分して「ディディディディンディン…(DANGER ZONE)」が鳴る
俺「どうですか?」先生「全然ばいちょっとしたアタリはあるけどな」

………17時、………納竿
結果、タナゴがッン枚と鯵がッンン枚(数えとらんわ
湾の入口近くの筏でも同様な結果

2/20の釣果

そんな中先生は「あれ?何を釣りに来たのかな?」と本命をあげてました

優勝したチヌ
第1回チヌダービー 優勝のメイタ …すでにハラワタ出しとるし

賞金授与
第1回チヌダービー 賞金授与式

ちゃっかりボラも釣ってましたけどさすがボラ仙人
次回からはボラは罰金-500円制度をつくらな
しかし、あの状況で釣り上げる先生は凄い




ブログランキングに参加してます
もしよければ、下のバナーを「ポチッ」とな




にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



欲を出して拍手なんかも頂けたりしちゃいます
「Facebook」もしてます
2012-03-01(Thu)
 

魚拓がでけるまで!

先日掲載したロクマルあのあと魚拓を取りました
なんで、魚拓を取るなんぞ初体験だったので、その一部始終をどうぞ

エトウ釣具は魚拓は17時までとのことで、エトウ釣具の紹介で長田釣具店にお邪魔しました

長田釣具店
長田釣具店
エトウと目と鼻の先にある(信号1つ挟んだところ)


まず、長さと重さを測定

ロクマル長さ測定
目力を感じる「ヘレン」って

ロクマル重さ測定

続きまして、ウエッティな体をドライに

乾燥

乾いたら墨にてお化粧

お化粧中

そして、写しに入ります

写し
懐かしい感じが蘇るまるで版画の如し

終わったら、色々と記入してハンコをポンッと
出来上がり

魚拓



ブログランキングに参加してます
もしよければ、下のバナーを「ポチッ」とな




にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



欲を出して拍手なんかも頂けたりしちゃいます
「Facebook」もしてます
2012-02-19(Sun)
 

大金星☆モンスター現る!

ヨッッシャャアァとくと見よロクマル」じゃ

釣りたてロクマル
釣りたてやでワカメを添えて

1329105690784.jpg
ギリッギリッ背伸びしとるがな

本日のタックル
元竿:大チヌと竹を使用し自作
穂先:櫻井釣魚具のソリッドから自作
この竿にだるまと名付け、その名の通り大成功でも、元竿の反発力は弱く、やっぱ市販の竿がどんだけ高性能か思い知らされた
ライン:EXCEED(フロロカーボン)
ガン玉:B
鈎:ヤイバ
刺し餌:生イキくんL


いや嬉しかったものでとりあえず、先に写真を載っけました


/ 中潮日目 分が満潮
これまで人で釣りに行ったことがなかった俺は、この日が「人でできるもん」デビュー戦となった
天候は雨降水確率そして、一身上の都合にて代車
俺らしい不安いっぱいのスタート

代車
おおかた万キロに突入しようとする軽

雨
午後から雨のはずが、スタート以前に雨

仕事上、夜勤が終わり時半に出発
途中幾度となく睡魔に襲われ、パーキングで「寝たいな」って思いながらも前日に船頭さんの「時には出れるように来て下さい」の言葉で首の皮枚繋がたような状態で時間の道のりを行く

途中、エトウ釣具にもちろん寄る
エトウ釣具

エトウ釣具店
オキアミ、コマセ、刺し餌、全部でなり
電話本でオキアミやコマセを溶かしていてくれる

着いたところは、お初です山本筏090-4519−7376
事前に「蒲江の道の駅から右」「ガソリンスタンドがあって」「トイレがあるところで」このキーワードを頼りに船着場に到着

山本筏途中、ガソリンスタンド
帰りに撮ったので、行きの風景とは違うよ行きはガソリンスタンドは左側に

山本筏、トイレ
ガソリンスタンドをすぎて、緩やかなカーブに差し掛かり出現

山本筏、前の風景
右側には別の渡船業者が

山本筏、駐車場
駐車場兼、船着場

つ前の記事でも書いたんやけど、水温がまさにポイントと思い、少しでも暖かい南に今回は下った
山本筏は、大分県佐伯市蒲江森崎猪串湾に位置する
これまでも紹介してきた、西野浦湾に比べ南側に山がない分、黒潮に乗って暖かいとが直接入ってくるから水温も早く上がる

「ここかなっ」と不安がりながらも車を停め、着替えに入る
すると、分に台の軽トラがビンゴ
ものすご丁寧な対応で、「荷物はここに置いて下さい」と言われ、置いて着替えの続きを済ませ車から荷物のところに行くと、すでに渡船に荷物が積み込まれていた
ホント、ありがたい

そして、筏へ
実は/日、釣り仲間のやっさんがここを訪れている
その時は小鯛が数枚上がった程度との情報
なので、釣果が出てないことに不安はあったが、水温、水深、撒き餌が投げられていることを考え、ここにした
ちなみに、水深は15mとそんなに深くない
それでも、総合的に考え山本筏での釣果の可能性は高い結論を導き出した

筏は湾の入口を前方に右側にトイレ、人は乗れる

山本筏
前方に見えるのがトイレ 屋根ないけど

山本筏
別の角度から

ここでいつもの筏あるある
釣果がいいのは、湾入口を前方としたトイレの左側か、湾入口を左側に見たトイレの右側らしい
先生オススメで湾入口を前方にした方が良いとのことで、そこに据えることを決める
だがしかし、思ったより筏の幅が広いそこにも余裕を持って2人は座れる
客が私しかいなかったんで、右寄りに座るか、左寄り(トイレ寄り)に座るか、はたまた真ん中に座るかは…自由だぁ
両サイドにはロープが貼ってあって、そこには貝だのワカメだのがくっついている
「これが狙い目か」「いや、でも引っかかりそうだな
トイレにはそれはそれは綺麗な女神様がいるんやで」…トイレの横にしよッ

雨はシトシトと降り続く時にザー
先生からお借りした防水パラソルと椅子がものすんごく重宝したましたもうパラソル最高普段素直やないけんあんま言わんけど、「ありがとう先生

そしていざ竿を下ろす
ダンゴアタリがあり、ダンゴが割れると穂先がグッとしなる
バシバシッと叩くが引きが弱くあげれば手の平サイズの小鯛
まぁ、「鯛と呼ばれるものは釣り上げたで」と思いながらダンゴを投入
ダンゴアタリはあるが、刺し餌になると食わず…そして誰もいなくなった

魚がいなくなったすることがない
違うよあるでしょあるでしょ…実験
新たなアイテム水温計表面しかわからんけど

H24.2.13 水温
℃ いいんじゃない(ちなみに、気温は最高℃、最低℃)

時過ぎてからまたダンゴアタリが出だす
「これから満ちこんで来るから勝負やな」って思いながら穂先を眺めるが、汐の動きは全く、前にも後ろにも流ない
だが、刺し餌になり食いつく
バシバシッ「おっ、下に叩きよるばい
「キタで、キタで」「ボラやないかい
そしてまたダンゴアタリがなくなる今度は長い…
結果、時にはふて寝

時半からまた釣り出すそして釣れるのはボラボラが釣れなくなったと思えば小鯛そんなこんなで、12時近く、俺はない頭を絞りに絞り考える…ポク…ポク…ポク…チン基本が大事
これまで、ダンゴを落としたら何もせずただアタリを待っていたこれじゃダメだ
刺し餌が浮かないようにガン玉は針近くにうつ近くうちすぎても魚にバレるので、40cmくらい離してダンゴが割れたら、道糸を出す1~2尋、そこでアタリがなければさらに1~2尋
汐の流れは変わらない穏やかなベタ凪だ
(本日は北風m、山本筏は北側は山なので南風が怖い

山本筏「ベタ凪」
山本筏はここだけ 周りにも筏はあるけど養殖はしてないようだ

すると、アタリが穂先が折れそうなぐらいしなる
ちょっと前に同じような引きで針を取られた今回はそうはいくまいあんま上げるのに時間がかかると周りの魚が逃げると聞く
でもいい「ボラでもいいからこんな引きをみせる面を拝ませておくれ
下に叩いていたが、次第に前後に走り出す「ボラやんけ」って思いながらも、巻いては糸をもってかれ、巻いては糸をもってかれと攻防を繰り返し
出てきたのはロクマル「でっけぇ~
正直、人海の上で喜びでいっぱいになり「どうしよ、どうしよ
とりあえず、写真を撮っとくか後で見ると、あんまうまく撮れてないやん

この後も同じで、ダンゴが割れては1~2尋出し、アタリを待って釣る
この繰り返しで枚のメイタとおチヌ様が釣れました

H24.2.13 産卵期
皆様お尻を真っ赤にしておられましたよ痔ですかな(笑)


今回、だごちん釣りをしている方からみれば、当たり前のことしかやってないかもしれんけど、自分で考えてそれが思い通りになり、さらに、自作竿でロクマルが釣れたことにヨロコビィ~
帰ってから、頭から尻尾の先まで美味しく頂きました御馳走様でしたちなみに、ロクマルおチヌ様のお腹の中はコマセとコーンでいっぱいでした


ブログランキングに参加してます
もしよければ、下のバナーを「ポチッ」とな




にほんブログ村 釣りブログ カセ・筏釣りへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



欲を出して拍手なんかも頂けたりしちゃいます
「Facebook」もしてます
2012-02-16(Thu)
 
プロフィール

白鯛工房

Author:白鯛工房
初めてチヌを釣り上げた喜びと筏の上で食べたカップヌードルの美味さは未だに忘れません。
2012.3まで、平戸(長崎)、蒲江(大分)を中心に九州で活動!2012年4月からは四国を拠点として活動中☆
個人記録:H24.2.13 蒲江森崎浦
       ロクマル 3.4㎏

QRコード
QR
アクセスカウンター
カレンダー
時計
天気(四国)
「ウェザーニュース」の文字をクリック!そして右上の「ALL Channel」をクリックしますと、ピンポイント天気や波、風の詳しい情報が手に入ります☆
本日の潮汐 須田東(香川県)
本日の潮汐 蒲江(大分県)
本日の潮汐 猪串(大分県)
本日の潮汐 平戸(長崎県)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。